早朝は気温が低く路面凍結していることが多いようです。
気をつけて歩かないと転んでしまいますね。
路面凍結した道の歩き方、靴を選ぶポイントをご紹介します。

まず靴ですが、普通の運動靴のようなものではすごく滑ってしまいます。
できれば路面凍結用の靴がベストですがいちいち買っていられない方も多いでしょう。

そういう場合は、普段はいている靴に装着できるスパイクを付けるのが効果的です。

【ポイント最大10倍】 雪道スパイク 雪道ウォーカー 雪道シューズ スニーカーやブーツ 長靴...

雪道スパイク
価格:1,783円(税込、送料込)

ただし、雪道スパイクをつけたからといって、完全に安心してしまうことはできません。
歩くときは、なるべくつま先の方に体重をおくようにして、後ろにひっくり返らないようにゆっくり歩きましょう。
膝を少しかがめるようにしておくと重心が安定するので転びにくくなります。

歩幅を小さくして、足の裏全体で歩くようにしましょう。
通勤通学のとき怪我をしないようにお気をつけください。