原口一博氏が「グーグルアースを見ればどこに艦船があるかわかる」と発言して話題になりましたが、FaceBookにて「リアルタイムで見えなくても、 過去の画像で原理的には見えるかも」 と釈明し、さらに恥の上塗りをするかのような釈明をしています。

 この事案は、私が質疑の中で「グーグルアースで艦船を見ることができると断言した」と誤解されて、それが一部の方によって拡散されておきたのではないかと推量しています。中には故意に発言を歪めて拡散しているのではないかと思われる例もありました。
 私もその情報を見ましたが、そこに張り付けてあるものをみるとなるほど、そのように発言したのではないかと当事者である私でさえ思えてくるようなものでした。本当に二次情報の拡散とは言え、その中には恐ろしいものでがあり、さらなる注意を払わなければならないと思いました。
日本の安全保障、特に緊迫した事態について、安倍総理はじめ閣僚に対しての質疑でした。
NHK等で生中継されており、聞いている方の一部とはいえ誤解を与えたことを残念に思い、今後の質疑の反省にしたいと思います。
 ただし、グーグルアースで全く見えないかというと、それは何とも言えません。過去の衛星画像などを張り合わせたものがグーグルアースの画像とされています。リアルタイムで見えることはなくても、過去の画像があれば、原理的には見えるかもしれません。実際に福島第一原発事故の映像は、グーグルアースで鮮明にみることができました。
 それがどういう理由かは、わかりませんが福島第一原発事故の映像を撮ることができて、東シナ海でできない理由は私もわかりません。
 防衛上の情報は、ぼかしていうのが通例です。
 どの衛星が、どんな解析度で情報を集められるかなどと言うことは、国防上の機密です。
 機微に触れる重要な問題をテレビ中継という中で質問するのは、とても難しいことです。しかもできるだけわかりやすく伝えたいと言う思いから、このような質問をしましたが、今後の反省材料といたします。
 いずれにしても、今後は、このようなことがないように細心の注意を払いたいと思います。
 たくさんの皆様からご意見やアドバイスを賜りました。
 本当にありがとうございます。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

▽facebook 原口一博
https://www.facebook.com/kazuhiro.haraguchi/posts/478729685525535
https://www.facebook.com/kazuhiro.haraguchi/posts/478730612192109

Google Earthの画像は、Google Earthのヘルプによると、リアルタイムどころかその大部分は1~3年前に撮影されたもので、長期にわたって収集されているため更新頻度はかなり低いようです。

IT担当の総務大臣だった原口氏ですが、次々とトンデモ発言をされていてとても面白いですね。