マイケル・ジョーダンのスーパープレイ動画です。



マイケル・ジョーダンは、自身の成功について、

「高校時代は代表チームの選考から漏れた。
9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、
決勝シュートを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功した。」

と語り、どんな選手として記憶に残りたいですか、という質問に、

「バスケットボールを大好きな奴がいた。それだけで十分だ。」

と応えています。やっぱりカッコいいですね。