パンスターズ彗星が観測しやすい時期となりました。
パンスターズ彗星の位置情報や観測報告をご紹介します。

パンスターズ彗星とは、2011年6月6日にハワイ・マウイ島のパンスターズ1望遠鏡によって発見された比較的新しい彗星です。

今月下旬から4月下旬頃までが観測しやすく、肉眼でも見ることができます。
双眼鏡があれば長い期間楽しめそうですね。

パンスターズ彗星 位置

国立天文台の解説動画はこちら

太陽に接近しているので、日没直後は西の空、低めの高度のところを探してみましょう。
明るいとちょっと見つけにくいのが難点です。

明け方では日の出の直前、日の出位置の高めの高度で探します。

2013年3月12日 パンスターズ彗星


パンスターズ彗星は、放物線軌道を描いていて、太陽に近づくのは今回だけなので、
最初で最後の二度と戻ってこない彗星と考えられています。

今回の接近はかなり貴重なので、是非一度は見ておきたいものですね。