富士通研究所の開発した、実物の本をタッチして
データ抽出する新技術が話題になっています。



紙や本をタッチパネルのように触って操作できるのは本当に凄いですね。

市販のウェブカメラやプロジェクターで作られていますが、
凹凸のある本を指でなぞった時の座標計算等をかなり正確に
合わせないといけないので、かなり高度な技術です。

まさにアナログとデジタルの融合ですね。
2014年の製品化を目指すとのことですが、将来が楽しみです。