健康的に痩せるために、食べる順番を変えるだけのダイエットです。

1、食べる順番を野菜、えだ豆、そら豆、海藻、もずく酢、など食物繊維が豊富なものから食べ始める。(同時に味噌汁、野菜スープなどの汁ものも良い)

2、魚、肉などのたんぱく質を中半に食べる。

3、、ご飯、麺、パンなどの炭水化物は最後に食べる。

『食べる順番ダイエット』は、食べる順番を食物繊維→たんぱく質→ 炭水化物の順番に食べる事でダイエット効果が得られます!

この食べる順番ダイエットは科学的根拠もあり、その真相も解説していきます。

1、食物繊維を最初に食べる。最初に食べることにより、ブドウ糖の吸収を穏やかにするため、血糖値の急上昇を防ぐ効果があり、血糖値の急上昇を防いで、インシュリンの過剰分泌を抑えます。

インシュリンの過剰分泌を抑えることにより、脂肪が体内に蓄積されるのを抑えられるのです。
同時にみそ汁などの汁物を食べることにより、空腹時の興奮状態を落ち着かせ早食いを防止するというものです。

2、たんぱく質を次に食べる。
たんぱく質も血糖値を急上昇させない食品が多いのです。
食物繊維→たんぱく質を良く噛んで食べることで、脳の満腹中枢に刺激を与え、満腹感が得られます。

3、炭水化物を最後に食べる。
炭水化物が最も血糖値を急上昇させるので、最後に食べましょう。
最後に食べることにより炭水化物の食べ過ぎを防止し、食物繊維→たんぱく質→炭水化物の食べる量が適量になり、全体の栄養のバランスが良くなります。

最後にご飯などの甘味を味わうことで食後、スイーツ系のデザートが欲しくなくなります。

以上が『食べる順番ダイエット』の基本及びダイエット効果が得られるメカニズムです。

食べる順番を今までと変えるだけなので、誰にでも簡単に実行出来、我慢や無理が無いのでリバウンドもストレスもありません。

具体例

とんかつ定食
1:味噌汁(汁だけ)
2:付け合せの野菜
3:味噌汁の具
4:肉
5:ご飯
※魚定食の場合の順番は肉の部分が魚に変わる

焼肉
1:スープ
2:サンチュやサラダ、焼き野菜
3:焼肉
4:ご飯

カレーライス
1:サラダ
2:カレーライス
※カレー単品はNG、必ず野菜とセットで食べる

牛丼
1:味噌汁(汁だけ)
2:野菜ジュースかサラダ
3:味噌汁の具
4:具を半分食べる
5:残りの具とご飯を一緒に食べる
※おにぎりだけ、牛丼だけなど炭水化物単品は避ける

イタリアン
1:飲み物(スープ)
2:サラダ
3:パスタ
4:デザート
※パエリアなどの場合も炭水化物なので飲み物、サラダの後

【送料無料】食べる順番ダイエット [ 鯨井優 ]

【送料無料】食べる順番ダイエット [ 鯨井優 ]
価格:1,260円(税込、送料別)