皆様甘いものは好きですか?
甘いものには糖質と呼ばれるものが含まれています。
その糖質の中にもいくつか種類がありますのでご紹介いたします。

まずは、ブドウ糖や果糖などの「単糖類」、そして砂糖などの「2糖類」、最後に米や麦など穀物のデンプンである「多糖類」です。

どれも、体内に入ると最終的にはブドウ糖になり、腸で吸収されます。

ブドウ糖は私たちの大事なエネルギー源でもありますが、たくさん摂りすぎて利用しきれなかった分は脂肪細胞に取り込まれ、体脂肪を合成しやすくなってしまいます。

なかでも甘みを感じる単糖類や2糖類は、多糖類に比べて消化吸収が速く、インスリンの分泌を促すのも速いため、脂肪として蓄積されやすい性質があるのです。

甘いものはダイエットの大敵、と呼ばれる理由は、ここにあるわけですね。

では、多糖類なら大丈夫かというとそうではなく、やはり摂りすぎは禁物です。

多糖類が多く含まれる食品にはご飯やパンなどの穀類をはじめ、イモ類、とうもろこし、栗、バナナなどがあげられますが、こちらも食べすぎれば脂肪をふやす結果になるのは同じ。

また、単糖類を多く含む食品には果物やはちみつが、2糖類はケーキなど砂糖を使った食品やお菓子などがあげられます。

ダイエット中は単糖類や2糖類を多く含むこれらの食品を食べるのはできるだけ控え、穀類やイモなどのデンプン(多糖類)の摂りすぎに十分注意したいものです。