ダイエット中で無理な食事制限をされていませんか?
本日は、きちんとバランス良く食べて痩せるお話です。

食品というのはいくつもの栄養素から成っています。
その栄養素には、「たんぱく質」「糖質」「脂質」の3大栄養素と、ビタミンやミネラルなどがあります。

私たちのカラダを構成している細胞は、食品に含まれているさまざまな栄養素からつくられ、日々、新陳代謝をくり返しています。

そして、どの栄養素も、それぞれが大事な役割を担っています。

バランスのよい食事とは、これら5つの栄養素を過不足なくとること。
そのうえで、エネルギーの摂取量を200~300Kcal低めにすることが大事です。
そこでポイントになるのが、食品の数です。

というとちょっと難しく考えてしまいがちですが、食品にはその種類によって含まれている栄養素が違いますから、できるだけたくさんの食品をとれば、自然とバランスのよい食事をとることができるのです。

その目安は1日30品目!

もちろん、多種類の食品を食べることと、量を多くとることは違うので、配分としては糖質を55~60%、たんぱく質を 15~20%、脂質を20~25%でとり、野菜を1日300g以上食べるようにすればOK。

栄養素をバランスよくとるためには、「1日30品目くらいの種類を少しずつ」。
このことを心がけましょう。