キャベツダイエットというダイエット方法がありますが、これはキャベツに含まれるイソチオシアネートやビタミンUという成分によって抗癌効果や胃腸機能の回復効果、そしてキャベツの食物繊維によりダイエット中も満腹感を得られるというダイエット方法です。

具体的に、このダイエット方法はどのように実践するのかというと、毎食の食事の前に、生の状態のキャベツ6分の1個(約150g)を千切りやザク切りにして、サラダとして食べるダイエット方法です。
このキャベツを食べた後は通常の食事を食べて構いませんが、食べる量はダイエットのキャベツと合わせて腹八分目くらいまでにしておきましょう。

このキャベツダイエットのダイエット成功のためには、キャベツにはノンオイルのドレッシングをかけて食べることが理想です。
無理な場合はオイル入りドレッシングも少量であれば構わないとされています。

報告によれば、このキャベツダイエットを3ケ月ほど続けるだけで4~10キロ痩せたというダイエット成功者もいるようです。

また、生のキャベツを食べるダイエットだけではなく、キャベツにトマトやセロリやピーマン、たまねぎなどを加えたスープを作り、それを飲むというダイエット「キャベツスープダイエット」なるものもあるようです。