痩せる食事とは、ずばり糖質と脂質を減らすことです。

脂質を避けるというのは、油のぎとぎとついた食事やお肉の脂身を想像していかにも太るというイメージがありますよね?

しかしなぜ糖質はダイエッターにとってふさわしくない栄養素なのでしょうか?

その答えのポイントはインシュリンです。

最近では低インシュリンダイエット等も流行ったりしましたので言葉は聞いたことありますよね?

インシュリンとは膵臓から出るホルモンで食べることで増えた血糖値を一定に保とうとする働きをします。
また、脂肪の抑制にも力を発揮してくれます。
つまり、糖分を取りすぎると脂肪の抑制効果も抑えられ太りやすくなるのです。

糖質といえば、ケーキ、クッキーお饅頭にチョコレート、アイス等を想像する方も多いと思います。
もちろんこれらの食品もダイエット中に食べるには注意が必要な食品なのですが、実はこの糖質と呼ばれる物質は、ごはんやパン、うどんやかぼちゃ、ジャガイモなどの野菜にも含まれるのです。

あまりこれらの糖質を含む食品を食べ過ぎると先ほどお話したとおり、脂肪に変わり太りやすくなるのです。

ダイエット中は糖質と脂質を抑える食事をすることを心がけてくださいね。