ダイエットには運動がつきものですが、運動は大きく分けると三つに分けられます。
体についた脂肪を燃焼してくれる有酸素運動、体内の糖質をエネルギーとして燃焼する無酸素運動、この二つをこなすための準備運動としてストレッチです。

どれもダイエットをする上で必要な運動となります。
一つずつ詳しく見ていきましょう。

有酸素運動とは、呼吸をして体内に酸素を送りながら、脂肪と糖質をエネルギーに変え燃焼する運動です。
主に、ウォーキング、ランニング、水泳などがこれに当たります。

無酸素運動とは、短時間で行う運動のことで、瞬間的にぐっと息を止め行う運動です。
主に、ダンベル上げや短距離走トレーニングジムのマシーンでの運動がこれに当たります。
この運動は酸素を吸わない代わりに筋肉が体内の糖質をエネルギー源として利用します。

無酸素運動を続けることで、筋力がアップし普段から糖質を燃焼されやすい体ができあがるのです。
このことをよく基礎代謝が高まるといいます。

ストレッチはこれらの運動をはじめる前に行う準備体操のようなものです。

ゆったりとした動きからスタートしないと体がびっくりしてしまうのでストレッチも外せない重要な運動です。
運動は継続することが最も大切です。
無理なく毎日続けられるプログラムを考えてみましょう。