チョコレートは太るというイメージがあり、ダイエット中は嫌煙されがちな食材の一つです。
しかし、チョコレートの原材料であるカカオの産地の女性はとても綺麗で皆痩せています。
それは、なぜでしょうか?

何故チョコレートを食べても太らないのか・・・その理由はカカオマスに含まれているポリフェノールという成分が血液をサラサラにして、身体の代謝をアップしてくれる為です。

また、カカオバターに含まれるオレイン酸がコレステロールの減少し、カカオ豆に含まれるテオブロミンという成分はリラックスさせる効果があるので、ダイエット中の食欲抑制に良い為です。

もっともチョコレートは高カロリーなので、質の良いチョコレートを決められた量だけ食べることが秘けつです。

カカオ70%以上のチョコを食前や食後や空腹時にゆっくりと食べるのはダイエットにも効果的な方法です。ただし一日50gまでに抑えておきましょう。

もちろん一日3食きちんと食事を摂ることも重要ですよ。