小樽市在住の作家蜂谷涼さんが、在中国・大連の日本総領事館の出張駐在官事務所に勤務する外交官の男性に、ペットの犬の遺骨を壊されてしまい慰謝料など110万円の支払いを求めて札幌地裁小樽支部に4日提訴しました。

訴状と代理人弁護士によると、蜂谷さんが15年以上飼っていた犬が今年7月末に死んでしまい、蜂谷さんは火葬後に自宅に祭壇を設けて箱に遺骨を入れて保管していたところ翌月に知人から紹介された外交官が「本を出版したい」との相談を受けて自宅に招いたところ、いきなり、拳で骨の入った箱ごと骨を砕いてしまったといいます。

蜂谷さんが驚いた様に何してるのあんた?と聞くと外交官は「中国では骨を砕くのが供養だ」「何でそんなに怒るのか分からない」と繰り返し、酒などを飲んでおりしばらくすると眠ったとのこと。

いやー気違い外交官ですね、他人のモノをいきなり壊すとはさすがです。日本人の常識では考えられない事をしますね。これも中国に在住していたせいなのでしょうか?

中国の文化を日本でやること自体おかしい事でしかもその価値観を押し付けるという正に中国人の様な行動は本当に意味不明ですね。