元ブラジル代表DFでロシア・プレミアリーグ、アンジに所属するロベルト・カルロス(39)は2012年7月に現役引退を正式に表明しましたが、今後はアンジのスタッフに就任するそうです。

ロベルト・カルロス攻撃的な左サイドバックとして、元フランス代表MFジダンらを要し“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリード(スペイン)の黄金期を支えました。

強烈な左足を武器に、Rマドリード在籍時には4度のリーグ制覇、欧州チャンピオンズリーグ優勝3回など、輝かしいキャリアを持っています。

レアル退団後は、ジーコ元日本代表監督の指揮するフェネルバフチェ(トルコ)でリーグ制覇に貢献。
昨季からアンジに所属していていました。

ブラジル代表としても125試合に出場し、02年W杯日韓大会では同国代表5度目の優勝に貢献しまいした。

この動画は、1998年のワールドカップ前の国際親善試合『トゥルノワ・ド・フランス』 フランス対ブラジル戦で元ブラジル代表の左サイドバック、ロベカルことロベルト・カルロスが決めた伝説のゴールシーンです。

ロベルト・カルロスの左足は『悪魔の左足』と言われ、蹴るボールはなんと時速165キロ。

過去に元日本代表GK小島伸幸は、正面に飛んできたボールを両拳でガードして左手小指を骨折しています。ロベカル恐るべしですね。