「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズで有名なロバートキヨサキの投資会社リッチ・グローバルLLCが破産申請を行いました。

NYポストによると、リッチ・グローバルLLCは今年4月に創業者兼会長のビル・ザンカーから2400万ドルの支払いを求めた控訴を起訴されていたとのこと。

米連邦地裁はビル・ザンカーの主張を認め、2400万ドルの支払いを命じたとのことです。

ロバートキヨサキは、リッチ・グローバルLLCのグループ会社には8000万ドルの価値があると主張していたそうですが、その主張も通らず破産申請に至ったとのことです。

今回の倒産で被害を受けるのは債権者で、ロバートキヨサキ本人は借金を背負うこともないそうです。
ロバートキヨサキの資産を考えれば大した問題でもないのかもしれませんね。

ロバートキヨサキは著書「金持ち父さん貧乏父さん」によって、一般的な日本人が漠然としか考えていなかったファイナンスに対して、明確な定義を作った人です。

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん

その基準とは、「お金を生むのが資産、お金を生まないものは負債」という考え方です。

この定義によって、今まで日本で考えられていた、マイホームは資産、車は資産という考え方を崩してしまいました。資産家にとってはごく普通の当たり前のことですが、ファイナンスを勉強してこなかった一般的な日本人にとってはちょっとショックな事実だったのかもしれません。

この本を読むと、仕事と平行して資産を増やさなければ、いくら働いても金持ちにはなれないという事がよくわかります。