仕事、対人関係、通勤ラッシュなど毎日さまざまなストレス因子に囲まれて私達は生活しています。
しかしストレスの原因となるのは、こうした精神的、肉体的な苦痛ばかりではありません。

いわゆる人間を取り巻く環境の全てがストレスの因子と考えるべきで、時には苦痛と感じていないものでも体にとってはストレスになっている事があります。

例えば、ヘッドホンのボリュームを周りに漏れるぐらいに上げて聞くのが好きな人がいるとします。
本人はそれが心地良いと思っているのでしょうが、体の方は違います。
いくら名曲であっても、過度の刺激はストレスとして作用します。

そして、この習慣が長く続くとそのストレスに耐えきれず、やがて難聴という症状になっていきます。
それだけではなく、ストレスに対する防衛作用として体はたくさんのビタミンB1、ビタミンCを消費するので、ビタミン不足を招く恐れもあります。

ビタミンB1は、精神的ビタミンともいわれているように、神経組織や精神状態に与える影響が大きく、不足してくるとイライラしたり気分が落ち込んだりといわゆる自閉症的な傾向が表れたりします。
ビタミンB1は豚肉などに多く含まれ、ご飯に含まれる糖質を分解してエネルギーにするために不可欠な栄養素です。

恐いのはストレス解消でやっていることも、逆効果になる事があるということです。
例えばお酒を飲むにしても飲みすぎたらもちろん逆効果になるのは明らかですね。
現代はストレス社会と言われていますので、ストレスと上手く付き合っていかなければなりませんね。