先日、紅白応援隊に、紅組がAKB48、白組にテリー伊藤氏が選ばれましたが、今年の大みそかに行われるNHKの紅白歌合戦の司会者が16日朝10時過ぎに発表されました。

今年はめずらしくNHKホール正面入口前で発表会が行われたようです。

紅組は、平均視聴率が20%を超えたNHKの朝の連続ドラマ「梅ちゃん先生」で、ヒロインを務め、今年NHKへの貢献度が高かった堀北真希(24)が、予想通り司会者に決まり、白組は、3年連続で人気アイドルグループの嵐が司会者に決まりました。

堀北は「ちょっと頼りない司会だとは思いますが、一生懸命頑張りたい」と初挑戦にちょっと不安ものぞかせ、司会が3度目という嵐を頼りにしているようです。

ドラマやバラエティでも共演した事があるという堀北と嵐、6人で紅白を盛り上げていきたいそうです。

堀北は先月終了したフジテレビの連続テレビ小説『梅ちゃん先生』でヒロインを演じ、20%を超える高視聴率を記録したため、今年のフジテレビの「顔」として、司会に選ばれたのだと思われます。

実は、堀北さんに決まる前、「今年の司会は前田敦子では?」との声が大きかったようです。

今年はヒット曲が少く、大物歌手の出場も期待ができない、しかも、K-POPは竹島問題で出場は難しいとあって、「司会には何としてでも話題性のある人物を」ということで、サプライズ司会者を提案。
「今年AKB48を卒業し、大きな話題を呼んだ前田敦子を司会にすればよいのでは?」と、取り沙汰されていたようです。

結局は堀北真希さんが司会に内定しました。

今年の紅白のテーマは、「歌で 会いたい。」

番組チーフプロデューサーは、「東日本の復興や、ロンドン五輪などで頑張ってきた人々に、歌との出会いを通じて一息ついてほしい」と話しています。
詳しい出演者、曲順はまだ未定のようです。