菅直人首相の資金管理団体「草志会」は、北朝鮮による日本人拉致事件容疑者の親族が所属する 政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)から派生した政治団体に、計6250万円の政治献金をしています。

民主党議員と市民の党、めざす会をめぐる資金の動き
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110702/crm11070208000002-n1.htm

年間の献金限度額上限の5千万円を支出した年もあり、草志会は大口の献金者だったようです。

菅首相側が献金していたのは「市民の党」から派生した政治団体「政権交代をめざす市民の会」 (神奈川、奈良握(にぎる)代表)です。「めざす会」は市民の党の酒井代表の呼びかけで平成18年に結成された団体で、奈良握代表も市民の党の出身者です。

政治資金収支報告書によると、草志会は19年に5千万円、20年に1千万円、21年に250万円を「めざす会」に寄付しています。19年の5千万円は資金管理団体から政治団体に献金できる上限額で、この年は「めざす会」の収入の6割近くが草志会の寄付でした。

市民の党をめぐっては14年6月、横浜市議2人が市議会本会議で議場内の国旗掲揚に反対し、 議長席と事務局長席を占拠して6時間近く議事を妨害した問題が起きています。

市民の党には日本人拉致事件の容疑者の親族が所属しています。この親族は、昭和55年に石岡亨(とおる)さん(拉致当時22歳)と松木薫さん(拉致当時26歳)を欧州から北朝鮮に拉致したとして結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子容疑者(58)と、よど号ハイジャック犯の故田宮高麿元リーダーの長男(28)です。

市民の党には、民主党の黒岩宇洋(たかひろ)法務政務官の関係政治団体も21年に計約400万円の政治献金を行っており、自民党の河井克行衆院議員らが去年5月の衆院法務委員会で「(長男は)20歳のときまで北朝鮮にいた。どのような教育を受けたかということは容易に想像がつく。そういう人を公認したのが市民の党だ」と指摘しています。

市民の党、めざす会の北朝鮮との関係を考慮すると、民主党により北朝鮮が資金援助を受けていた可能性があります。民主党自体がテロ支援団体と呼ばれても仕方ないのが現実です。