藤村修官房長官は7日、初めて地元の大阪府吹田市に入り、衆院選候補者としての今後の大阪入りの可能性を記者団に問われると、「北朝鮮のミサイルがいつ上がるかだ。さっさと月曜日(10日)に上げてくれるといいんですけどね」と答えました。2度目の同様の質問にも、「北のミサイル次第だ。それは(地元に)入りたいに決まっている」と語っています。

藤村氏は直後に「一部、舌足らずで誤解が生じているとすれば訂正、おわびしたい」と陳謝しましたが、この発言は早期発射を期待しているかのようですね。舌足らずで誤解がでたとの弁明(?)ですが、思わず本音が出たと受け止められても仕方ないでしょう。

野田佳彦首相も、7日午前に都内の防衛省に展開した地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の迎撃部隊を視察した際に、「いかなる事態でも対処できるよう万全を尽くし、発射の暁には国民の生命・財産の安全確保のため冷静かつ毅然と対処してほしい」と述べていて、まるで発射を期待するかのような言い方をしています。

ちなみに藤村官房長官は拉致問題相も兼務しています。
民主党の北朝鮮に対する姿勢がよく分かりますね。

民主党まとめ
4年間でマニフェストを実行します
外国人参政権や夫婦別姓など、マニフェストに無い法案を全力で推進
子供手当てを出します
満額支給断念
地方が負担(国籍不問=在日、出稼ぎ外国人が母国に残して来た子供にも支給、養子でもok)
埋蔵金を発掘します
埋蔵金はありませんでした
公共事業9.1兆円のムダを削減します
削減は0.6兆円だけ
天下りは許しません
郵政三役を天下りさせた
政権発足から1年間で天下り4240人
企業・団体献金を禁止します
3年間は容認
公務員の人件費を2割削減します
法案を再来年以降に先送り(天下り先も無くすと更に肥大化)
増税はしません
扶養控除、配偶者控除の廃止
タバコ税と酒税を増税
相続税と内部留保課税、消費税、所得税の増税も検討、環境税導入も検討
暫定税率を廃止します
維持しました(自動車取得税、自動車重量税、軽油取引税、揮発油税・地方道路税)
赤字国債を抑制します
過去最大の赤字国債を発行(総額44兆円)
クリーンな政治をします
鳩山小沢北教組の違法献金と脱税
現職議員逮捕、議員辞職も離党もせず
沖縄基地は最低でも県外に移設します
県外移設断念
内需拡大して景気回復をします
デフレ進行、景気対策補正予算の執行停止
CO2 25%削減表明、鳩山不況に突入
コンクリートから人へを実現します
道路整備事業費が608億円増(民主の弱い選挙区へ)
ホワイトビーチ埋め立てに一兆円
高速道路は無料化します
全線無料化は実現困難
ガソリン税を廃止します
そうでしたっけ?フフフ
消えた年金記録を徹底調査します
「年金記録を回復する必要性は薄れた」(長妻)
医療機関を充実します
日本の医師免許を持たない外国医師の診療を可能にする制度改正を検討
農家の戸別保障を制度化します
政府米買入れ廃止で米価暴落、農家悲鳴
最低時給1000円を実現します
実現時期「2020年までに」大幅先送り
消費税は4年間議論すらしません
「消費税は22%にすべきだ」(菅首相)
年金を事務費に流用しません
2010年度に2000億円流用