京都大学教授の山中伸弥さんがノーベル医学生理学賞を受賞されました。 山中伸弥さんが受賞されたのは、「ISP細胞の研究」で、まだ実現されてはいないものの、難病の原因解明や治療、新薬開発につながると期待されているものです。