丹羽宇一郎前駐中国大使は都内の記者会見で、尖閣問題について日本政府は「領土問題は存在しない」という公式見解だが、「外交上の争いがある」と認める立場に転換すべきだと主張しました。