普通にいいセリフなんだけど、日本語で変な風に聞こえて笑えてしまう外国映画のワンシーンです。