遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯行予告が書き込まれた事件で、警察庁の片桐長官は10月18日に記者会見を行いました。 本記者会見で「真犯人でない方を逮捕した可能性は高い」とし、4人に謝罪する旨を発表しました。